スタッフの日記

皆さんからのご意見、感想はこちら!
<<前へ   1  |  2  
2006年01月17日
1・17におもう・・・ (タッキー)
No.266

 11年前の今日この日、私は東大阪市で阪神淡路大震災を体験いたしました。経験したことのない大きな揺れ、音、言いようのない胸騒ぎ・・・。一瞬のうちにそれらすべてを感じることの恐さ。

 幸いにして我が家に大きな被害はなかったが、発生から一時間程して、近所に住む母から、父が仕事で早朝から神戸に向かったとの連絡。刻々と伝わる神戸の街の状況は惨憺たるもの。果たして、その日の夕方に父から連絡が入るまでは、本当にテレビの前から動くことができなかった。

 そんな今日1月17日に、本来ならばテレビ画面に釘付け、新聞一面を飾りそうな大きなできごとが他に3つ。
①ヒューザー小嶋社長の証人喚問。
②宮崎被告の最高裁判決。
③ライブドア社家宅捜索。

 そのどれもが過去と現在とを結び付け、教訓として考えなければならなかったはずのできごとなのに・・・。
 震災の教訓を生かしきれない、いや冒涜するような耐震偽装。一昨年来より頻発する幼女を被害者とする殺人事件。バブル崩壊とその後のITバブルの終焉。

 これらのできごとが今日この日に重なる偶然。いや必然?センチになるつもりはないが、何もこの日にしなくても・・・。と思うのは私だけ・・・。

2006年01月12日
2006年幕開け!!  (高野)
No.265

私は喪中ですので、新年のご挨拶は控えさせていただきます。
みなさん、お正月はいかがでしたか?

さて、私は年始早々、ちょっといいことがありました。
(そんな大した事ではないんですが・・・)

以前、ここにも書きましたが、去年の11月に私は交通事故に遭いました。
その後、加害者の損保の担当者から電話があったとき、仕事を休んだ分の損害はどうなるんですか?と聞きました。
私の場合、普通のOLと違い、個人事業主扱いとなるので、収入の証明が難しいと言われたんです。
しかし、年始早々、自分で「休業損害証明書」を作成し、損保に送ったところ、早速担当者から、
「詳しく書かれていましたので、ご請求通りの金額をお支払いいたします。」との連絡がありました。
請求額プラス、4,500円ほどの慰謝料が加えられ、
総額32,500円ほどに。
(休業は数日だったので、このぐらいいただければ満足です!)
ちょっとお小遣いをもらえる気分。
だめもとで請求してみたんですが、やってみるものですね。

みなさんも、事故にはお気をつけください!!

2006年01月10日
おめでとうございます。 (浅井)
No.264

あけましておめでとうございます。
本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
とは言っても、早いものでもうすでに今年が始まって10日も経ってしましたが・・・。
あっ~という間に1年が過ぎてしまわないように、しっかりと勉強をして
少しでも成長できるよう、心を引き締めて生きていこうと年初の誓いをしたところです。

その誓いを守るべく、今日も社会保険労務士会主催の「年金相談員総合講座」なるものを
受講して参りました・・・。
今日の内容は、企業年金の中で特に厚生年金基金について。
といっても給付の内容とか皆さんにお知らせできるような内容ではなく、
基金の解散や代行返上の状況や企業年金全体の傾向といった制度全体の概要のような
ものでした。
その中で、基金からの中途脱退者の人や解散した基金の加入者だった人のための
組織として、「厚生年金基金連合会」という組織があったのですが、その組織の
名称が去年の10月より「企業年金連合会」に変更された旨のお話がありました。
もちろん(?)、私は知っておりましたが、私のすぐ近くに座っていたおじさん
社労士さんは初めて聞いたように「へぇ~」と感心されておりました。
年金の制度だけに限りませんが、国の制度というものはちょっと油断をするとすぐに改正に
なってしまいます。
日々精進しないと・・・、そう改めて感じさせられました・・・。

ということで、もうすでに一部の方にはご案内が回っているかと思いますが
我が100tenスクールにおきましても、皆さんの知識の向上に
役立つべく、4つの専門セミナーを本格実施して参ります。

今月は4つの講座のうち、まず保険講座と年金講座を行います。
もっと知識を深めたい・・・、そうお考えの方はぜひこの機会をご活用ください。

<<前へ   1  |  2  
日時で選ぶ

から

エリアで選ぶ
カテゴリーで選ぶ
ライフイベントから選ぶ
知りたいことから選ぶ
twitter facebook