スタッフの日記

皆さんからのご意見、感想はこちら!
  1  
2008年11月14日
2008年冬【ボーナス de ボーナス講座】
No.371

~ 危機こそチャンス今こそ投資、100ten.school講師陣の一押し商品は? ~

今年の金融市場に大きな嵐が吹き荒れました。TVや新聞は不安を煽ってばかりですね。
しかし!よく考えてみましょう。
株価が下がりに下がった今、配当利回りが5%以上のものがたくさんあり、願ってもない割安な株価になっています!
そもそも・・・、今回の日本株の下落の主因は、外国人の換金売りです。一時的に資金難に陥った欧米の金融機関は、現金をつくるために、売りたくなくても手持ちの日本株を売らざるを得なかったのです。その結果、株価はとめどもなく下がっていきました。一種のパニック売りです。そんななか今回の株価急落を止めたのは、実はみなさんのような個人投資家です! 今年の10月は、外国人が売り越し、個人は早くも買い始めているのです。
・・・過去にさかのぼってみましょう。
2003年、日経平均株価が大底である7607円を付けたこの年、個人は年間で1兆8099億円も売り越しました。日本の株式市場では、個人投資家は一番株価が安くなった時にろうばい売りをして、それを外国人投資家に安値で買い占められてしまったのです。そしてその後の日本の株式市場は、激しい売買を繰り返す外国人中心で動いていました。
ところが、今年の10月は外国人がパニック売りで1兆696億円の売り越しとなっており、10月の個人投資家の買い越しは9927億円と過去最高になったのです! 日本の個人が、外国人から非常に安い値段で日本企業の株式を買い戻したことになります! 個人投資家は外国人投資家のように激しい売買はしないので、市況は安定します。
さらに、世界の著名な投資家も、今こそチャンスとせっせと株を買い始めています。
お金を増やすなら、お金持ちにならえ! 『危機こそチャンス、今こそ投資』
もちろん、個別銘柄の株式投資以外に、ETF(上場投資信託)や投資信託という方法もあります。何を買えばいいのか、この先の見通しの解説をしながら、ズバリお答えします。
経済を学び、運用先も決まる、そんな講座になっています。
希望者には後日個別相談もついていますので、奮ってご参加下さい。

 日 程: 2008年12月16日(土)13:30~15:00
      2008年12月11日(木)19:00~20:30
      2008年 1月10日(土)13:30~15:00
      ※ 1回完結、どちらかお選び下さい。
      ※ 個別相談は、別途日程(1月末迄)で承ります。 

 受講料: 一般受講生 6,000円(個別相談付)
      【会員価格】特別価格 3,000円(個別相談付)

内 容: 投資信託、ETF(上場投資信託)、株式etc

  1  
日時で選ぶ

から

エリアで選ぶ
カテゴリーで選ぶ
ライフイベントから選ぶ
知りたいことから選ぶ
twitter facebook