スタッフの日記

皆さんからのご意見、感想はこちら!
  1  
2009年02月28日
◆100ten.school 確定申告直前セミナー◆
No.376

~要確認!あなたも確定申告が必要だった!?
【3月7日開催!】
◆100ten.school 確定申告直前セミナー◆

「税金で損しないための上手な確定申告をマスターしませんか?」
最近、申告時期が近づいてきて、広告・テレビCMでも頻繁に宣伝されていますね。
「私は、会社で年末調整しているから確定申告の必要はない」と思っている方、
はたして、本当にそうでしょうか?


◆昨年の金融危機の影響を受け、株式投資の損失はありませんか?
◆昨年、家族が大病・ケガをして医療費の支払いが10万円を超える 
または、所得金額の5%を超えてしまっていることはありませんか?
これらは、会社での年末調整では何もしてくれません。
自ら確定申告をする必要があるのです。
しっかり申告すれば、「上場株式等の売却損の3年間の繰越控除」や「医療費控除」が適用され、
還付金が戻ってきます。

また、
◆インターネットオークション等サイドビジネスで成功し、
会社給与所得以外の収入で合計額が20万円を超えていませんか?
こちらも申告が必要です。

申告しないと損は損のまま、
また給料の他に申告義務収益があったのに申告しないと、
あとで過剰に税金が課せられるはめにもなりかねません。
過剰に払っている税金は取り戻し、
払わなくてはならないものは今のうちに
しっかり正当な金額の税金を払ってしまいましょう。

確定申告の締切日まであとわずか。
ご自分の昨年一年を振り返り、お金で損得した記憶があれば、
それは、もしかしたら、あなたも確定申告の必要があるのかもしれません。

申告締切日までもうすぐです!
最終チェックのために、ぜひ100ten.school 
確定申告直前セミナーをご活用ください。

開催日:2009年3月7日(土)
開催時間:13:30~15:00
受講料:3,150円

受講対象者:
・昨年、給与以外の損失や利益がある方
(株の損、サイドビジネスの収入など)
・確定申告をする必要があるがまだ手続きをしていない方

講座内容:
・確定申告が必要かのチェックポイント
・確定申告をして自分のお金をとりもどそう
・確定申告の必要書類
・確定申告の書き方、提出方法

今回100ten.schoolは、3月7日(土)開催のSBI証券のセミナー「証券税制と確定申告」でも支援をしております。
自信をもって皆様の大切な人生のための「マネープラン」を整えていくことをサポートいたします。

********************************************************************
お申し込み方法は、
テーマ学習セミナーページ「4.その他スペシャルセミナー」お申込ボタンよりお申込下さい。

http://www.100ten.co.jp

ご参加お待ちしております。

100ten.school事務局

2009年02月13日
新・株式講座 【高見先生の株ゼミ(中・上級コース)】
No.375

◆おかげさまで満席となりました!!◆
※次回開催日程は、調整しております。



次のビッグ・ウエーブに備えるために!

100ten.school 新・株式講座のご案内


////////////////////////////////////////////////////////////

昨年の株価急落、日経平均がバブル崩壊後の最安値7162円を
つけた10月末からすでに3か月が経過しました。
日を追うごとに実物経済が悪化していく中で、
企業業績の赤字転落、下方修正の記事を見ない日はありません。
ところが、株価がさらに安値を更新しているかというと、
おもしろいことに意外に底堅くなっています。
現状の景気、業績を見ている限り、積極的に株式投資に
踏み切れないでしょうが、すでに株価上昇の芽は生じているようです。

未曾有の株価下落の後だからこそ、今までの損失を大きく取り返す
チャンスがあります。今年は投資のタイミングを上手く掴みましょう。
そこで、NEW講座を開催することになりました。
テクニカル指標を一歩進んで学べる【高見先生の株ゼミ】を開催します。

【 高見先生の株ゼミ 】

前期ゼミ4日間+後期ゼミ4日間の全8日間の講座です。
企業業績が不透明であるため、今回の学習テーマは
テクニカル(需給・心理)に基づいた内容を提供します。
数あるテクニカル指標を取り組んできた、高見先生の経験と実践より、
最も効果的な投資結果が得られると判断した、
選りすぐりのテクニカル指標を伝授します。
ぼんやりとした株価の動きを明確に捉えられるようになることをゴールとします。

◆前期ゼミ(初級者~中級者)
 テーマ:投資タイミングの研究
     ・騰落レシオ
     ・移動平均線
     ・一目均衡表
     ・総合判断
 日 程:3/ 5(木)19:00~20:30
     3/12(木)19:00~20:30
     3/19(木)19:00~20:30
     3/26(木)19:00~20:30

◆後期ゼミ(中級者~上級者)
 テーマ:株価の頂点(高値・安値)の研究
     ・半日足
     ・実践的売買法(短期トレード)
     ・総合判断
 日 程:4/ 2(木)19:00~20:30
     4/ 9(木)19:00~20:30
     4/16(木)19:00~20:30
     4/23(木)19:00~20:30

注)初級者の方でも、前期ゼミから通しで受講できれば
  後期ゼミへ通しで参加することができます。

初級者:投資歴1年程度で、今までに数回の売買しかしたことがない方
中級者:初級者よりも投資歴が長く積極的に株式売買をしている方
上級者:自分で銘柄選び・投資タイミングを検討できる方


≪講師紹介≫

高見 悟(たかみ さとる)氏

1984年山一證券入社、先物・オプション取引を駆使することで
1990年以降のバブル崩壊の下げ相場も切り抜ける。
1998年よりメリルリンチ・ジャパンに移り、ITバブルを予見するかのように、
ソフトバンクに集中投資をし、莫大な利益を達成する。
2002年にトレーディングの腕前を買われ、
SMBCフレンド証券へ、ディーリング部にて株式ディーラーを任される。
2006年、ディーラー時のトレーディング・レコード(戦績)を持って、
日興コーディアル証券の株式アドバイスセンターに移籍。
大手株式顧客への株式投資アドバイザーとして、
在籍の2年間でNo.1パフォーマンス賞を受ける☆。

― 高見氏へのインタビュー ―

関根「あなたはなぜ株式投資で成功してきたのですか?」
高見「誰よりも株を好きだったからです」

関根「今回の高見ゼミでは、どんなことを伝えたいですか?」
高見「大きくは、株を好きになる勉強の仕方を伝えたい。
   勘違いしている人が多いが、株は情報ではなく、勉強だからだ」


≪料 金≫

入学金: 20,000円 

(特典)今まで100ten.schoolの下記株式講座を受講したことのある方は、
    ★入学金免除!!
      90分株式速習講座・失敗しない株式投資・失敗ばかりの株式投資
     テクニカル分析講座・その他株式セミナー

受講料: (前期4回)20,000円、(後期4回)30,000円

<お申込方法>
テーマ学習セミナー 「その他スペシャルセミナーのお申込ボタン」よりお手続きください。

http://www.100ten.co.jp

2009年02月02日
外貨、債券、株式etc 、預金の次に始める【金融商品の基礎知識】セミナー
No.374

お金を増やす方法は預金だけじゃない!
お金を増やす手段は預金のみで、節約してもお金が増えていかない・・・と嘆いているあなた。他にも外貨投資、株式投資、不動産投資等あらゆる金融商品があります。投資信託を始める前の基本的知識としても不可欠です。買う前にまずは基礎知識をしっかり身につけてみませんか?
預金の利率がいつまでも上がらず、このままじゃお金は増えない、何かいい方法はないか? とお考えの方は多いでしょう。お金を増やす手段として、外貨投資、株式投資、不動産投資等ありますが、まずは基本の外貨、債券、株式について、正しく理解することが大切。やさしくわかりやすく解説します。投資信託を始める前の基本的知識として不可欠です。
そして、具体的な商品、外貨預金、個人向け国債、等について、さらに銀行等でよく見かけるキャンペーン商品の広告の見方も解説します。
買う前に基礎知識をしっかり身につけましょう。

対 象: 預金以外に何をしていいのかわからない方、           
自己流で投資をしているけれど、基本を学びたい方

目 的: 個人で運用する預金、外貨、債券、株式について
その特徴と活用方法を学習しましょう

内 容: 金融商品の分類と選択基準
     金融商品の特徴と活用の注意点
       預金(ネット銀行・外貨預金・外貨建MMF)
       外貨特別キャンペーン、定期預金セットプラン
       債券(債券の特徴:格付け・金利との関係、個人向け国債)
       株式(株式の特徴、配当利回り)
     株式の活用法

※お申込をご希望の方は、「テーマ学習 その他スペシャルセミナー」画面よりお申込下さい。
http://www.100ten.co.jp

  1  
日時で選ぶ

から

エリアで選ぶ
カテゴリーで選ぶ
ライフイベントから選ぶ
知りたいことから選ぶ
twitter facebook